• AEO(認定通関業者)

  • AEO(認定通関業者)
  • 2009年5月14日
    認定通関業者として大阪税関長より認定取得しました。

    認定通関業者制度とは
    貨物のセキュリティ管理とコンプライアンス(法令遵守)の体制が整備された通関業者を認定する制度です。
    この制度を取得することにより様々な通関手続きの特例措置を受けることが可能となり、さらには輸出入貨物のリードタイム短縮及び物流コストの削減等なども期待できます。
    今後もコンプライアンス体制をより一層強化し、通関業務を始めとする輸出入関連業務において、お客様のニーズにお応え出来るよう安全で高品質な物流サービスに努めて参る所存です。


    *AEO制度(Authorized Economic Operator)
    民間企業と税関パートナーシップを通じて、国際貿易における貨物の安全確保と物流の円滑化の両立を図るのが「AEO制度」の目的である。
    「認定通関業者(AEO通関業者制度)」とは、貨物のセキュリティ管理とコンプライアンス体制が整備され、全社的に実施できている通関業者を税関長が認定するために平成20年4月から施行された制度です。

  • グリーン経営認証

  • グリーン経営認証
  • 2007年7月10日
    神戸支店 グリーン経営認証取得しました。
    南港営業所 グリーン経営認証取得しました。

    グリーン経営とは
    グリーン経営( 環境負荷の少ない事業運営)は、中小規模の事業者でも環境改善に向けた取組みの目標設定とその評価が容易になり、自主的で継続的な環境保全活動を行うことができます。松菱運輸株式会社は物流を通じて社会に貢献するために、事業活動と自然環境との調和を重要課題と捉え、社会との共生をめざします。

    *グリーン経営認証とは
    グリーン経営認証は、公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団が認証機関となり、グリーン経営推進マニュアルに基づいて一定のレベル以上の取組みを行っている事業者に対して、審査の上認証・登録を行うものです。
    (トラック事業:2003年10月1日から開始。バス、タクシー事業:2004年4月1日から開始。旅客船、内航海運、港湾運送、倉庫業:2005年7月1日から開始)

  • 指差呼称

  • 指差呼称
  • 2019年2月1日
    毎朝の朝礼に指差呼称を取り入れました。

    指差呼称とは
    危険予知活動の一環として、信号、標識、計器、作業対象、安全確認などの目的で、
    指差しを行い、その名称と状態を声に出して確認することです。
    この指差呼称は、指(触覚)や目(視覚)を使うだけでなく耳(聴覚)をも使って集中性を
    高めて確認する行為なので、確実性や正確性が高まるのです。
    当社では、作業現場だけでなく事務所内においても指差呼称を当たり前に行う文化を醸成して、
    高品質な物流サービスの提供を目指します。

  • 仕事と子育ての両立支援

  • 仕事と子育ての両立支援
  • 2013年3月31日
    次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定しました。

    次世代育成支援対策推進法とは
    次世代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、かつ育成される社会の形成に資することを目的とし、
    2005年4月から施行されています。この目的を達成するため、国・地方公共団体・企業・国民が
    担う責任を明らかにし、集中的・計画的に取り組んできました。

    この法律において、企業は「一般事業主行動計画」を策定することとなっており、
    その計画は、主業員*の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない主業員も含めた多様な労働条件の整備などに取り組むにあたって策定されるものです。
    当社においては、子どもの看護休暇取得推進、また休暇理由の範囲拡大をはかる等の特徴ある計画を
    策定しております。

    ※当社では、社員を従業員ではなく主業員としております